血行を促進させる

yellow vial on floor

バイアグラの基本的な働きについては、『PDE5阻害薬バイアグラ』という記事で述べている通りです。
勃起不全の直接原因に対して影響を及ぼすことで、「たたない」という現象を解消します。しかしそれが、バイアグラのすべてではありません。
バイアグラの効果には、「血行を促進させること」というものがあります。
そもそも勃起は、海綿体と呼ばれるスポンジのような組織が大部分を占める男性器の血管が太くなり、血液がたくさん流れ込むことによって起こります。血液がたっぷりと溜まり、海綿体が膨張してサイズが大きくなるのです。バイアグラに含まれるシルデナフィルはPDE5の働きを阻害したうえで男性器の血管に働きかけて血液量を増やすよう促します。
バイアグラをのむとしっかり勃起できる、しかも普段よりギンギンに勃起できる、という効果を得られるのは、そのためです。
さらに下半身の血行が促進されることで男性器周辺の器官の働きも活性化させることができます。このことによって、たとえば膀胱、尿道の働きも活発になり、頻尿などの症状を解消することも可能になるとされています。
性的な部分も含め、男性の下半身をイキイキした状態にしてくれる薬……それが、バイアグラなのです。

ただし、この血行促進という働きがバイアグラの副作用である「胸の動悸」や「顔・体のほてり」などの副作用の原因になってしまうこともあるので、その点は注意する必要があります。少々、血行が促進され過ぎて血の量が増えるためにそのような副作用が起きます。